大学生のアルバイトで確定申告は必要?確定申告の方法もあわせて解説!

アルバイト
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

毎年の年度末に1年で稼いだ金額の報告を行う「確定申告」。

一般的には、納税額の精算や保険料の確定などのために行われますが、大学生のアルバイトでも必要なのでしょうか?

大学生のアルバイトで確定申告が必要となるケースとは?

また、確定申告のわかりやすい方法についても解説します。

これを読めば、初めての確定申告でもきっと簡単にできるはず!

スポンサーリンク

学生バイトでも確定申告は必要?

「確定申告」とは、繰り返しになりますが、1年間で稼いだ金額の報告を行う手続きのことです。

払いすぎた税金を還付したり、未払いの税金を納めるためであったり、住民税や健康保険料の金額の確定のために行われます。

これにより、正しい納税額を納めた後に、みんなの手元に入ってくるお金が決まるというわけです。

わかりやすくいうと、単純に稼いだ金額である「収入」から交通費などの必要経費を差し引いた額が「所得」。

ここからさらに税金を抜いた金額が手元に入る額ということです。

そのため、大学生のアルバイトであっても、当然、納税の義務がありますし、確定申告を行う必要があります。

ただし、大学生の多くは勤め先の経理部等にて代理で行ってもらえるようになっています。

では、大学生のアルバイトで確定申告が必要なケースと不要なケースを見ていきましょう。

学生バイトで確定申告が不要なケース2選

大学生のアルバイトで確定申告が必要となる代表的な2パターンを紹介します。

年収が103万円以下である

学生バイトの場合、年収がある一定の金額以内であれば、税金の控除を受けることが可能です。

年収が103万円を超えているか否かが境界線となり、これを一般的に、「103万円の壁」と呼ばれています。

そのため、年収が103万円以下であれば確定申告の必要はないと考えましょう。

ただし、ある特定の月に88,000円以上となる場合は、「年収が103万円を超える見込みがある」と判断されて、勤め先で自動的にお金を天引きされることがあります。

これを「源泉徴収」といい、結果的に年収103万円を超えなければ過払いとなるため、確定申告をすると払いすぎた税金が返ってきます。

春休みや夏休みにがっつり稼ぐという学生も多いと思うので、上記に該当する場合は、ぜひとも確定申告をするようにしましょう。

勤め先で年末調整を行ってもらえる

上の解説で、勤め先で自動的にお金を天引きされる「源泉徴収」について述べましたが、勤め先の方で年末に1年間の天引き額から所得税の額を精算してもらえます。

これを、「年末調整」といいます。

ただし、これが可能なのは、勤め先がひとつだけであるというケースのみ。

年末調整を行う勤め先では、掛け持ちのもうひとつの勤め先の所得を把握することはできないためです。

では、どのような場合に確定申告が必要になるのでしょうか?

学生バイトで確定申告が必要なケース3選

大学生のアルバイトで確定申告が不要となる代表的な3パターンを紹介します。

複数のアルバイトを掛け持ちしている

まずは、「年末調整」ができない、掛け持ちでアルバイトをしている場合です。

このような場合は、自身で確定申告を行う必要があります。

勤め先でも、アルバイトが掛け持ちをしているか否かは把握していない場合が多いので、事前に伝えておくようにしましょう。

年末調整の前の時期に辞めた

アルバイトでは、様々な理由で辞めることもあるでしょう。

ここで、辞めたタイミングが、「年末調整をしてもらう前」であった場合も確定申告が必要になります。

あくまでも、年末調整は在籍している従業員に対して行われるのが一般的なので、辞めてしまった場合は自身で精算を行う必要があるわけです。

副業収入がある

副業収入がある場合も、掛け持ちの場合と同様の理由で確定申告の手続きが必要。

ただし、副業収入が20万円以下であれば、「雑所得」に含まれるため、確定申告が不要となります。

とはいえ、これは、「所得税」に関しての確定申告のみが不要になるということ。

「住民税」の確定申告は必要なので注意しましょう。

確定申告に必要な書類と方法は?

それでは、学生バイトの確定申告について、必要となる書類と方法を具体的に見ていきましょう。

まずは、必要な書類を集める

▶︎本人を証明する書類

マイナンバーカードを発行している場合は、それ一つで本人証明の書類と認められます。

一方、マイナンバーカードを発行していないという場合は、住民票と免許証等の写しを用意します。

住民票に関しては、全国の証明書発行コーナーでマイナンバーを記載した住民票を発呼してもらいましょう。

▶︎源泉徴収票

次に、勤め先に「源泉徴収票」を発行してもらうように依頼しましょう。

掛け持ちをしている場合は、勤め先の数の分だけ用意します。

ここには、収入額から交通費や必要経費を差し引いた所得の額とともに、勤め先の住所などの情報も記載されています。

確定申告のスケジュール

例年、確定申告のスケジュールとしては、前年の1月1日〜12月31日の所得分を、翌年2月中旬〜3月中旬に行います。

大学生であれば、2月上旬には定期試験も終了して春休みに入るタイミングなので、「テストが終わったら確定申告」と思っておくとわかりやすいですね。

確定申告に必要な書類は、マイナンバーカードを除いて、いずれも発行にそれほど時間がかかるものではないので急ぐ必要はありませが、念の為、スケジュールに余裕を持って行うようにしましょう。

具体的な確定申告の方法

おすすめはインターネットでの確定申告です。

もちろん書面での手書きも可能ですが、記入漏れや誤字脱字などの恐れもあるため、PC等での申告書作成を推奨します。

専用サイトもあるため、案内に従って、「源泉徴収票」をもとに記入をしていきましょう。

(かつてはこの「源泉徴収票」の添付が確定申告の手続きで必要でしたが、今は簡略化により転記のみで良いようです。)

ここで、マイナンバーカードがあれば提出までインターネット上で完結するので便利。

マイナンバーカードがない場合は、印刷をしたものを封筒に入れて、街頭する税務署宛に郵送となります。

まとめ

以上、大学生のアルバイトで確定申告が必要な場合と不要な場合、申告に必要な書類と方法をご紹介しました。

まとめると、以下の条件に該当する人は確定申告が必要です。

・年収103万円以上

・掛け持ちや副業をしている

・年末調整の前にバイトを辞めた

初めての場合はわかりづらいことも多く、面倒な手続きに感じますが、社会の一員として「納税の義務」として絶対に必要なことです。 そして何より、払いすぎた税金が返ってくるという大きなメリットがあるため、しっかりと行うようにしましょう。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました